Just Beause! 舞台探訪 ~Just Because!×深沢高校「校内聖地巡礼」@文化祭

探訪日:2018.09.08

 多くのアニメにおいて作中では極めて重要かつ印象に残る舞台として登場するにもかかわらず、舞台探訪(聖地巡礼)で訪問することは通常まず叶うことのない場所、その最たる例が「主人公たちの通う学校のモデル」でしょう。通常時に部外者が勝手に立ち入ることは禁止されているのはもちろんのこと、昨今の情勢を鑑みると敷地外から外観を撮影するだけでも細心の注意を払うべき場所であることは改めて書くまでもないでしょう。また教育機関であることから、作品側とコラボしての一般開放イベントなども難しく、作品ファンとしては巡礼したい場所の筆頭でありながら涙をのんで諦めるしかない、というのが普通のパターンでしょう。しかしこのたび、その「普通」とは異なる、極めてレアなケースが起こりました。

 2017年10月~12月に放送されたオリジナルアニメ「Just Because!」。藤沢・鎌倉を舞台に高校生たちの恋愛模様を描いた本作ですが、主人公たちの通う「柏尾川高校」は小林敦監督が卒業された神奈川県立深沢高校をモデルとして描写されました。テレビ放送ではシリーズの中盤で主演声優陣による特別番組が放送され、そのロケ地ともなっていたので、実際の景色の再現度がとても高いことはご存知の方も多い事でしょう。
 そんな深沢高校の2018年度文化祭「第31回深高祭」において、なんと「校内聖地巡礼」なる企画が開催されました。そのイベントの存在を知ったネットの記事だけからでは詳細が読み取れませんでしたが、実際に行ってみたところ校内至る所に作中カットが貼られていたり、さらにはアニメの原画や等身大パネル、台本の展示、作品ポスターがもらえるスタンプラリーなど、かなり本格的な聖地巡礼イベントで仰天!校内で配布された聖地巡礼用の小冊子によると、今回のイベントは深沢高校の図書委員会の皆さんが主体となって企画されたようで、Just Because!製作委員会の全面的な協力までとりつけて開催に至ったとのこと。このような企画は普通の高校(しかも県立)では到底実現しないものと思っていたので、作品ファンとしてはもう筆舌に尽くしがたいほどありがたい思いでいっぱいでした。
 筆者個人の感覚としては、いくら広く一般に開放されている文化祭の日であるとはいえ、アニメの探訪目的で学校内の写真を撮って回るのは目的外で入り込んでいる感じがして憚られるしやらないほうがいいな…と考えていたのですが、このような状況とあればさすがに話は別。またとない機会を存分に楽しませていただきました!
 …というわけでせっかく撮影の機会に恵まれたので、いつものような舞台探訪記事を仕立てたいと思います。このイベントはあまり大々的に告知されていなかったので、行けなかった人に少しでも雰囲気が伝わればと思います。

掲載地点一覧
校門~坂道昇降口付近渡り廊下理科教室前の模型ガラス壁のホール玄関前の階段体育館3Fホール物理準備室グラウンド廊下や階段など校内各地Just Because!×深沢高校聖地巡礼 展示会のようす

校門~坂道

 というわけで、「Just Because!」作中で主人公達の通う「柏尾川高校」のモデルとなった神奈川県立深沢高校の紹介です。校内のシーンは数え切れないほど登場しているので、話数関係なく、場所ごとにまとめて紹介していきたいと思います。
 まずは校門。ここまでは公道なので通常時でも撮ることはできますが、生徒の居る時間帯は避けるなど配慮しましょう。今回は文化祭モードの写真を敢えて掲載。

01


校門

02


グラウンド越しに校舎全景。これも公道からなので普段でも撮れます。

 さてここからいよいよ通常時は見ることのできない敷地内に入っていきます。まずは校門前の坂道。結構急坂です。

03


校門前の坂道。比較画像は12話Aパートより。

04


1話より、坂道の途中からグラウンドを眺める恵那。

ページ上部へ戻る

昇降口付近

 坂を登り切ると、見慣れた銀色の塔と昇降口が見えてきます。……いや在校生でも卒業生でもないのに“見慣れた”というのも変な話ですがw、Just Because!ファン的にはオープニングの最後で毎回見る景色ですし、本編中でもいろいろあった場所なので記憶には残りやすいですよね。

05


昇降口付近。銀色の塔は「希望の塔」という名前だそうです。

06


2話の告白失敗事件wもここ

 以下各話に出てきた昇降口の下駄箱周辺をそれっぽく。特に現地でしっかり作中カットと比較しながら撮ったわけではないのでアングルが完全一致するわけではありませんが、雰囲気は伝わるのではないかと思います。

07

08

09

10

11


この自販機も何度も登場しました。ちなみに柱に貼ってあるのが聖地巡礼イベントの掲示物で、まさにこのカットの画像が貼ってありましたw

12

13


陽斗がグローブ捨ててたゴミ捨て場も昇降口上がってすぐでした。

14


瑛太が恵那から逃げ回ったりしてたのもこの辺。

15


昇降口正面の階段から振り返った図。

ページ上部へ戻る

渡り廊下

 ここからは校舎内の各所を。1話で葉月がトランペット吹いていた渡り廊下は4階にありました。

16


葉月がトランペットを吹いていた渡り廊下。

ページ上部へ戻る

理科教室前の模型

 転入直後の瑛太が「とりけらなんとかげっと」と九州の友人・なかじに写真を送信していた生物室前の模型。

17


生物室前の模型。

ページ上部へ戻る

ガラス壁のホール

 正確な名前が分かりませんが、壁が一面明かり取りのガラスになっている小さなホールみたいな空間。ここも何度か登場しています。

18


美緒と葉月が本音で語り合った9話のシーンが特に印象的です。

19


同じく9話より。

ページ上部へ戻る

玄関前の階段

 5話で映った螺旋階段も再現度高し。職員室脇の玄関から入った正面にあります。

20


螺旋階段

ページ上部へ戻る

体育館

 12話の卒業式のシーンなどで出てきた体育館。ちょうど文化祭のステージ発表準備のためシートが敷かれてパイプ椅子も並べられ、図らずも作中の状態にかなり近くなっていましたw

21


卒業式のシーンなどで出てきた体育館

22


体育館入り口付近は本編中でも何度か登場。例えば2話とか。

23


上の写真と反対側の視点

ページ上部へ戻る

3Fホール

 かなり重要なシーンで何度も出てきたので、昇降口付近に次いで印象に残っているのがここでしょうか。グラウンドを見下ろせる、緩やかにカーブした窓沿いにベンチが設置されたこの場所は「ホール」と呼ばれていました。僕がこの場所に着いたときは発表団体が準備してたのであまりじゃまになってはいかんとろくに写真撮ってなかったら、そのまま時間切れになってしまったのが悔やまれます…

24


ホールから見下ろしたグラウンド。1話で美緒が瑛太を見つけたシーンの他、何度も登場します。

25


1話のカットより、ホールを廊下側から。

ページ上部へ戻る

物理準備室

 瑛太が自習室に使っていた物理準備室。

26


物理準備室。中までは見ていませんが一緒なんでしょうかね。

ページ上部へ戻る

グラウンド

 瑛太と陽斗の「一打席勝負」を筆頭に重要なエピソードが多く、これまた印象深い場所なのはやはりグラウンドでしょうかね。階段上から見下ろしただけでしたが、この景色を見ると作中のいろいろなあれこれが蘇ってきました。

27


校舎側からグラウンドへ続く階段。

28


体育館前から見下ろすとこんな感じ。

29


瑛太と陽斗が勝負してたのは校舎からだと左側の野球グラウンド。

30


この階段で恵那がカメラ構えたりしてたわけですね。

ページ上部へ戻る

廊下や階段など校内各地

 以下はもう項目名通りですが、廊下や階段のあちこちを、作中カットと合わせて撮ったもの、そうでないもの、ごちゃまぜにどんどん紹介していきます。作中ではここに載せたの以外にもいろんなアングルが無数に登場しているので、校内を歩いてるとだいたいどこも見たことあるような景色という感じで実に不思議な感じでした…w

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

ページ上部へ戻る

Just Because!×深沢高校聖地巡礼 展示会のようす

 最後に校内聖地巡礼企画の一環で行われていた展示会の様子を紹介します。冒頭に書いたとおり、今回の企画は深沢高校の図書委員の皆さんが主体となり、作品の製作委員会の全面的な協力を得て行われたものだそうです。そのため、文化祭イベントでありながら、会場入り口に設置されたテレビモニタでは作品の映像が流れ、会場内ではアニメの原画や台本、キャストサイン入りの等身大パネルなど通常でもあまり見る機会の多くない貴重な品が多数展示されていました。聖地巡礼で賑わう地方都市の観光協会が地元の小スペースで小規模な展示イベントをやる事例は時々見かけますけど、今回のこれはもうほぼそれと同じレベルの本格的なもの。高校の文化祭でやってしまうのはなかなかすごいことだと思います。

46


展示の様子。校内あちこちで配られていた聖地巡礼用の小冊子はこんな感じで、高校の文化祭らしい手作り感ですw ちなみに案内の通り写真撮影OKでした。

47


原画と等身大パネルという本格的な展示。パネルは以前ビックカメラ藤沢店にあったモノのようです。

48


原画の他設定資料なども多数ありました。

 僕自身は時間切れで残念ながら聞くことができなかったのですが、展示の他にもこの会場ではイベントを企画した図書委員の皆さんによるJust Because!と深沢高校の紹介をするプレゼンなども行われていたそうです。また小冊子がスタンプラリーシートにもなっており、校内の作中登場スポット6カ所を回ると先着でJust Because!の番宣ポスターがもらえるという、これまた本格的なイベントも開催されていました。

ページ上部へ戻る

更新履歴
初回記入:2018.09.11