ハイキュー!! 舞台探訪(聖地巡礼) [テレビアニメ版準拠]

探訪日:2015.06.14(体育館周辺と通路)、2018.04.14(第一競技場内部、原画展のイベントの一環で撮影)

 古舘春一先生原作のバレーボール漫画「ハイキュー!!」。宮城県にあるという設定の「烏野高校」の男子バレーボール部の様子を描いたこの作品は、2014年に最初のテレビアニメ化が行われて以降、2015年の「セカンドシーズン」、2016年の3期「烏野高校VS白鳥沢学園高校」と、2018年現在までに3回にわたりアニメかされました。
 先述の通り宮城県を舞台設定にしながらも、原作漫画では作者の出身地である岩手県軽米町の風景が烏野高校周辺の景色として描かれているようです。しかし、インターハイや春高の予選で他校との試合が行われる会場の一つとしては、おそらく現実の宮城県大会も行われているであろう、仙台市体育館が登場しています。
 テレビアニメの放送以後、昨今の「聖地巡礼」ブームも相まってか、この仙台市体育館を中心とする仙台市内各地で公式のコラボイベントも開催されるなど、聖地としての認知度も高まっているこの場所。2018年4月からは、原作漫画では初となるこの場所を会場とした原画展も開催されます。そこで本ページではそのタイミングに合わせ、テレビアニメ1期後半のカットと比較しながら、アニメ版に登場した仙台市体育館の実際の様子を紹介したいと思います。

 なおここに掲載する写真は全て2015年6月に撮影したものです。当時は作中の通り「仙台市体育館」の名称でしたが、2016年7月より命名権譲渡(所謂ネーミングライツ)により「カメイアリーナ仙台」の名称になっています。作中でも描かれた「仙台市体育館」のロゴなどは残念ながら現在は見られないようです。
 また館内の撮影に当たっては、受付に確認をし許可をいただいた上で行っています。2018年4月の原画展開催期間中など、イベント開催時はまたレギュレーションが違う可能性がありますので、期間中に訪問される方は現場の指示に従って下さるようお願いします。(2018.04.15)原画展プレオープンの14日に実際に現地に行ってきたところ、撮影を止められることなど全くなかったどころか、館内の顔のオブジェがあるあたりには「フォトスポット」という、原作漫画にその場所が登場したシーンのコマが載った立て看板が立てられているほどでしたw またこの日行われた特別イベントでも、作中に登場した第一競技場にバレーのコートとキャラパネルが設置し、撮影コーナーとして開放していました。このように今回の原画展は聖地・仙台市体育館での開催ということもあって、聖地巡礼を大いに推奨しているようでした。館内のほかの体育施設では一般の方の利用がありますので一定の配慮は必要ですが、館内をここまで気兼ねなく撮れる機会などそう多くはないと思います。第一競技場のイベントは4月15日、27日の2回しかありませんが、この日にいかれた方はぜひこちらの会場も覗いてみることを強くお勧めします。(詳細は原画展公式サイトへ。)

 さてせっかく行ってきたので、内部の様子もさっそくこのページに追加したいと思います。「第一競技場内部」の項目が今回の追加分です。

掲載地点一覧
仙台市体育館(現・カメイアリーナ仙台)
仙台市体育館 第一競技場内部
仙台市中心部

仙台市体育館(現・カメイアリーナ仙台)

 というわけでアニメ「ハイキュー!!」シリーズの試合の舞台として何度も登場した仙台市体育館の紹介です。初出は1期15話、1期後半戦のインターハイ予選の会場として登場しています。また内容に合わせて1期2クール目のオープニング映像でも毎回登場したのでファンにはとても馴染みの場所だろうと思います。

01


仙台市体育館の入口。現在はロゴが変わってしまっているようです。

02


OPで毎回出てきた正門前の道路。標識までそのままですね。

03

04


ここから15話で登場した通路などの様子。先述の通り受付の方に確認を取った上で撮影しました。

05

06

07

08

09

10

11

12

13

 試合会場となる第一競技場の入口。訪問日は競技場が利用中で、場内の撮影は控えて下さいと言われたため入口まで…なお2018年の原画展の一環として、この競技場内でいろいろなイベントも催されるとのことです。

14


試合会場入口もそのまんま!

15

16

17

18

19

20


シリーズ中何度も出てくるなんとも言えない表情の顔ww

21

 体育館外は公園のようになっており、1期16話で日向と影山がアップをしていたところもちゃんと実在します。

22

23

24

25

26

27

 ほぼ同じ場所は1期24話でも登場。そう、最終話です。烏野が青葉城西に惜しくも敗北して終わった3回戦のあと、負けた悔しさから日向と影山が地にまみれたあのシーンの舞台となったのもこの場所です。

28

29

30

31

32

33

34


とても重要で、そして印象的なシーンですが、その演出のためにモノの配置は現実の配置とは少し違ったように描かれています。

35

36

37


再び立ち上がる二人…

ページ上部へ戻る

仙台市体育館 第一競技場内部

 ここからは2018年4月14日に、原画展のイベントの一環で第一競技場がフォトスポットとして開放された機会を利用して、作中に何度も登場し、多数の熱戦の舞台となった第一競技場内部の様子を紹介します。撮影当日現地ホテルからの更新なのでとりあえず速報としてならべるだけですが、もうほんとアニメに描かれた景色そのまますぎてとてもテンション上がりました。また14日はイベントの一部として東北各県の高校男子バレー部の実際の試合も行われており、もう完全に作中の世界そのもの。今回の原画展は「ゲンガ×タイカン」という副題がついていますが、作中の空気をまさしく体感できた、素晴らしいイベントでした。

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

以下はキャラパネル撮影スポットそのものの様子を紹介。ネットを挟んで前後に奥行きをもって配置されていて、これはこれでなかなか見ごたえのある展示です。おそらくほぼ等身大なので実際のキャラの存在感を、作中に出てきたその場で感じられるという、まさに「ゲンガ×タイカン」のコンセプト通りの展示だなという感じでした。うまく撮ると原作ないしはアニメのワンシーンみたいな絵になるのでいろいろ頑張ってみましたw

55

56

57

58

59

60

 14日撮影分最後は仙台市街地でも行われているもろもろのコラボイベントについても紹介。中心繁華街にある仙台フォーラスと、そこから続くアーケード「ぶらんど~む一番町」が「春のハイキュー!!ウィーク」として原画展に合わせてコラボ企画を展開中。アーケードが作中に出てきた「烏野商店街」に変身、みたいな感じで、キャラパネルや「祝全国大会出場!」なんていう実にホンモノっぽい横断幕が掲げられていたりと、結構全力を挙げてコラボしている感じでしたw

61


フォーラスの巨大日向w

62

63

64


フォーラス8階の展示コーナー。撮影自由だそうです。

ページ上部へ戻る

仙台市中心部

 体育館以外の街並みなどはほとんど特定できていないのですが、2期3話で出てきたやっちゃんこと谷地さんがバレー部のマネージャーになることを母親に宣言した回では、やっちゃんの家の周辺という設定で、仙台市中心部の青葉区一番町、仙台中央郵便局の周辺が登場していました。この場所の写真はまだ撮れていないのですが、近日中に追加予定なのでとりあえず場所の紹介だけしておきます。

65


おそらく北目町通りの交差点付近からみた仙台中央郵便局。この近くのタワーマンションの一室が谷地家という設定のようです。

66


やっちゃんが日向に連れられて走ってたのは仙台トラストタワー前あたり。

67


母親に追いついてバレー部のマネージャーやることを大声で宣言したのは仙台市営地下鉄南北線の勾当台公園駅がモデルのようですが、現地を確認したところかなり描きかえられているようでした。(詳細は後日掲載)

ページ上部へ戻る

更新履歴
初回記入:2018.04.13
第一競技場内部の項目を追加:2018.04.15